AGA治療でハゲ撃退!|ツルピカBUSTER

髪の将来が心配だ!

AGAの原因

頭を抱える

中年男性などが薄毛になる原因がAGAです。AGAですは、男性ホルモンによって引き起こされる薄毛です。男性ホルモンは、本来たくましい男性の体を形成するのに活躍するホルモンです。筋肉増強を促しがっちりとした体格を形成させ、ひげなどを生やす効果もあります。また、男性器の成長や機能の維持に欠かせないホルモンでもあります。また、男性ホルモンが多く分泌されていると、精神的に安定して、何事にも挑戦するバイタリティが生まれます。このように、体に嬉しい効果が多くある男性ホルモンですが、頭皮では発毛を阻害する成分に変換するリスクが有ります。
男性ホルモンはテストステロンと呼ばれているものです。このテストステロンが、頭皮にある5αーリダクターゼという酵素と結合することによって、ジヒドロテストステロンという成分が発生します。このジヒドロテストステロンた頭皮に様々なデメリットがある存在なのです。ジヒドロテストステロンが毛乳頭に入ると、頭髪のヘアサイクルを見だしてしまいます。髪の毛は、成長期と呼ばれる期間に太く長く成長します。この期間はおよそ2~6年ほどと言われています。そして、その後退行期に差し掛かります。退行期は毛球が退縮し始め、やがて完全に活動が停止します。この退行期は二週間前後と言われています。そしてその後休止期に突入し、髪の毛が抜け落ちます。休止期は3ヶ月前後と言われています。そして再び成長期に入り髪の毛が成長していきます。この繰り返しをヘアサイクルと言います。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭に入ると、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまい。本来は少なくとも2年はある成長期が、数ヶ月と激減してしまいます。それによって、髪の毛が育つ前に抜け落ちていき、やがて髪の毛が生えてこなくなってしますのです。
また、ジヒドロテストステロンは頭皮の脂質をより多く分泌させるという作用もあります。頭皮の皮脂が多くなると、毛穴に皮脂が詰まってしまい、栄養が毛乳頭まで届かなくなってしまいます。このようなデメリットがあるジヒドロテストステロンの発生を防ぐのが、AGA治療となります。AGA治療を行っているクリニックでは、ジヒドロテストステロン発生を防ぐ薬などを処方しています。ドラッグストア等で購入することはできませんので、必ずAGA治療をしているクリニックで診察を受けましょう。