AGA治療でハゲ撃退!|ツルピカBUSTER

髪の将来が心配だ!

血行を促進する

医師

AGA治療に欠かせないのが食事療法ですが、食事療法の効果を更に高めるために血行の促進を促しましょう。せっかく髪の毛に嬉しい成分を摂取しても、毛乳頭まで届かなければ意味がありません。毛乳頭まで栄養を届ける役割をしているのが、血液です。血液に含まれている栄養が毛乳頭まで届いて、そこで初めて髪の毛の発育に繋がります。AGA治療薬の中でも血行促進の効果がある薬があります。それがミノキシジルです。ミノキシジルを使用することによって、血管が拡張されて血行が促進されます。ミノキシジルは、服用するタブレットタイプのものと、頭皮に直接塗るタイプがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので把握しておきましょう。服用するタイプのものは、髪の毛以外の体毛も濃くなってしまうというデメリットが有ります。体が毛深くなりたくないという方は塗り薬を使用しましょう。塗り薬タイプのものは、ピンポイントで気になる場所にアプローチできますが、お肌に刺激を与えてしまいます。敏感肌の方などは服用するミノキシジルを使用するのが良いでしょう。AGA治療を行っている医療施設で処方してもらうことができます。

血行を促進するためには、日頃の生活習慣を改善することが求められます。その1つが、運動習慣です。運動をすることによって体温が上がり、血行が良くなります。それによって多くの栄養が毛乳頭に届けられます。激しい運動を行なう必要はないので、1日30分ほど有酸素運動を行なうことを心がけましょう。また、喫煙習慣のある方は禁煙することで薄毛改善効果が期待できます。タバコを吸うことによって、血管が収縮してしまいます。血管が収縮すると、毛根に届く栄養の量が減ってしまいます。それによって、AGAをの症状を進行させてしまいます。タバコをやめられないという方はまず量を減らすことから初めてみましょう。
血行を促進しても、毛根に皮脂汚れが詰まっていると、上手く栄養が毛乳頭に届かなくなってしまいます。朝晩のシャワーでしっかり皮脂汚れを落とすようにしましょう。専用のスカルプシャンプーなどを用いることによって、効果を得ることができます。病院で行なうAGA治療に加えてこのような日常生活の見直しを行なうことで、更に効果が高まります。