AGA治療でハゲ撃退!|ツルピカBUSTER

髪の将来が心配だ!

有効な薬

鏡を見る

薄毛を解消するために、ドラッグストア等で市販されている薄毛の薬を利用された方は多いでしょう。しかし、効果を実感できなかったという男性が大半を占めます。その理由は。AGAの原因となるジヒドロテストステロンに対する有効な成分が含まれていないからです。ジヒドロテストステロンの発生を防ぐ為には、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αーリダクターゼが結合するのを阻害する必要性があります。AGA治療を行っているクリニックでは、テストステロンと5α―リダクターゼの結合を防ぎジヒドロテストステロンの発生を抑制する薬が処方されています。その薬の名前が、プロペシアです。プロペシアは実に高い効果を誇っており、数多くのAGA患者が発毛の実感、脱毛がストップしたという実感を得ています。プロペシアの中に含まれているフィナステリドという成分が、テストステロンと5α―リダクターゼの結合を防ぎジヒドロテストステロンの発生を阻害するのです。プロペシアは皮膚科やAGA専門のクリニックなどで処方してもらうことができるので、まずは診察してもらいましょう。
プロペシアを服用する際に注意が必要なのは、保険適用外ということです。そのため、全額自己負担となります。プロペシアを飲み始めて最低半年ほどは続ける必要がありますので、金銭的な余裕を持って治療に取り組みましょう。また、プロペシアの服用をやめると再びAGAの症状が発症しますので、コツコツ地道に続けていくようにしましょう。
プロペシアの値段が高いため、海外で作られた安価なプロペシアジェネリックを購入する方がいます。インターネットなどで手軽に購入できます。最も代表的なものが、フィナロです。安さが魅力ですが、体にわるい成分も含まれています。フィナロをコーティングしているものの中にはキノリンイエローと呼ばれる成分が入っています。このキノリンイエローは発がん性物質としてもしられています。また、海外から取り寄せるは大きなリスクが有るということを覚えておきましょう。フィナステリドを含んでいない偽物なども数々あります。また、用法用量などの指導も無いので間違った方法で飲んでしまう可能性があります。
せっかく薄毛を解消できても体調を壊してしまっては意味がありません。値段は高く就きますが信頼できる病院で、AGA治療を受けましょう。それぞれの医療施設によってもAGA治療の内容や値段も違うのであらかじめ確認しておきましょう。