AGA治療でハゲ撃退!|ツルピカBUSTER

髪の将来が心配だ!

食生活の改善

診察

AGAが原因の薄毛を解消する為に必要なことは様々あります。プロペシアの飲んでジヒドロテストステロンの発生を阻害するだけではAGAの進行を止めるのは難しいでしょう。発毛を阻害するジヒドロテストステロンの発生を抑制しつつも、髪の毛にとって嬉しい栄養成分をしっかり摂取していくことによって、髪の毛が生えてきます。髪の毛は、ケラチンというたんぱく質が主成分となっています。ケラチンを合成するために必要となってくる成分が、亜鉛です。亜鉛が不足すると、ケラチンが合成できずに弱い髪の毛となりすぐに抜け落ちてしまいます。亜鉛には生命維持、男性ホルモンの生成など様々な役割があります。亜鉛の多くが生命維持や男性ホルモンの生成に使われてしまうので、ケラチン生成がままならない男性は多くいます。日本人男性の9割が亜鉛不足と言われています。亜鉛をよく含む食品として挙げられるのが、納豆、海藻、肉類、牡蠣などです。1日の摂取目安は9㎎となっています。ただし30㎎を超えてしまうと体に害を及ぼすので、注意が必要です。

体は多くの細胞によって形成されています。髪の毛を伸ばすために必要な毛母細胞という細胞が活躍します。この毛母細胞を活性化させることによって、より髪の毛を生やすことができます。毛母細胞の細胞分裂を活性化させるのに必要なのは、ビタミンB群です。ビタミンB群は非常に多種多様なものがあります。ビタミンB1,B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、B12、葉酸などがあげられます。このようなビタミンB群が摂取できる食品として上げられるのは。レバーや卵、カツオ、マグロ、ピーナッツ、緑黄色野菜、玄米、魚介類などです。このような食品を積極的に摂取することによって、細胞の代謝を促し毛母細胞の分裂が活性化します。
このような成分と併せて摂取したいのが、カプサイシンとイソフラボンです。カプサイシンを摂取することによって、CGRPと呼ばれる成分が分泌されます。このCGRPは髪の毛の成長を促す効果があるIGF-1の生成を活性化させます。この時、イソフラボンを同時に摂取することによってCGRPの生成を促進するができます。カプサイシンとイソフラボンを同時に取りましょう。このような食事指導も、AGA治療を行っているクリニックで受けることができます。AGA治療薬と併せて取り組みましょう。